FC2ブログ

Subtle Harmony∞

≫2008年06月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏至

夏至のことをシェアーです。

そして、6月30日は、1年の中で、ちょうど真ん中で、神社では大祓いをする日でもあります。各々神社では、茅の輪を用意してくださり、その周りをくぐって、この半年の穢れを払い落とそうという、儀式も行われます。


夏至は二十四節気の1つで、一年で最も昼の時間が長くなる日です。それは、太陽が最も北(北回帰線の真上)に来るために起こる現象です。しかし実際は夏至は梅雨の真っ只中なので、日照時間は冬よりも短いことが多いようです。6月21日頃。

意味・目的一年で一番昼の時間が長い日

夏至とは、この日を過ぎると本格的な夏が始まると意味です。
冬至にかぼちゃを食べるように、この日も何かを食べる習慣がありますが、何を食べるかは地方によってまちまちです。例えば関西地方では、タコの八本足のようにイネが深く根を張ることを祈願してタコを食べます。

起源・歴史太陽の化身「天照大身神」

古来、天照大神〔あまてらすおおみかみ〕は太陽の化身と位置づけされていました。日本各地にある古代遺跡や書籍などから、その信仰を垣間見ることが出来ます。
「夏至」という言葉が入って来たのは、中世になって中国から二十四節気が入ってきてからのようです。

その後、各地で太陽の生命力を得るために夏至の日を祝うお祭りが開催されるようになりました。

2003年から、夏至の日は昼の時間が長いので「電気を消してスローな夜を」というタイトルで節電を呼びかけるイベントが行われています。

行事三重県二見浦の夏至祭

三重県二見浦〔ふたみうら〕には、夏至の時期だけ夫婦岩の間から朝日が昇ります。これは夏至の日の前後2ヶ月しか見られない特別な光景です。そして、この海中には興玉神石(沖の石)があり、昔からその沖の石は、常世の国から神が寄りつく聖なるところといわれてきました。そして、夫婦岩はその鳥居〔とりい〕と見なされていました。

また二見浦では毎年「夏至祭」が行われます。白装束に身を包んだ300人近くの善男善女が、天照大神を迎えるために、祝詞〔のりと〕を唱え気合いを入れつつ海に入り、朝日が昇ろうとする夫婦岩に向けて歩いていきます。そして朝日に向かって国歌を合唱をするそうです。

改めて、全ての命を産み、育んでくれている太陽の偉大さに感謝を捧げたい日ですね。
スポンサーサイト

 | HOME | 

プロフィール

Subtle Harmony∞

Author:Subtle Harmony∞
ウェルネス・コンサルタント&ライフ・デザイン・コンサルタントSAYOKO

人と人、人と物、人と自然をつなぐ愛の懸け橋「虹」になれたら...と感じています。愛の波動は、自分にも周りにもよい影響を与え、皆が幸せで満たされた状態になります。

一人一人がこの宇宙にとって、かけがえのない大切で唯一の存在。

その内なる可能性を引き出し自分らしく、いきいきと生きるきっかけを提供できれば幸いです。全ての命が愛と調和で満たされ、光り輝きますように。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。