FC2ブログ

Subtle Harmony∞

≫2008年04月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自然療法とビオダンサ

4月20日(日)

毎月、第3日曜日は私のヨーガの師匠、吉真 嶽士先生こと、たけちゃんが関東方面、鶴見まで、関西から来て下さる日。
関西では毎日のように、ヨーガのレッスンを1日に2~3本もこなしておられ、かつ指導者のためのコースや、正食(マクロビオティック)の根本原理、陰陽の原理、体質の見極め方、顔相、自然療法を始め、根本原理をわかり易く教えて頂けるので、いつも基本に返らせて頂けて、感謝している。

呼吸とポーズをゆっくりと丁寧にあわせて動いていけるので、体の隅々まで、自分の意識を、体に向けることができ、かつ、体の声を聞くことが出来るこのスタイルのヨーガが、私の理想であり、根本である。

今日は自然療法の一環として、しょうが湿布を学び、実践をした。
自然療法の3種の神器といわれているものには、1.しょうが湿布、2.さといも湿布 3.梅しょうゆ番茶 がある。この3つを知っていれば、たいていのことは対処できるというくらいのパワフルなものである。

腰痛、リュウマチ、腫瘍、婦人病、肩こり、関節炎、腹膜炎、胃潰瘍、ガン、胃腸病、尿道炎、膀胱炎、前立腺炎など一切の炎症に効果があるといわれている、しょうが湿布、熱を奪いながら、炎症を抑えてくれるのが、サトイモ湿布、そして、体の自然治癒力を高め、血液を浄化し、血行をよくして、新陳代謝を高めてくれる、「梅しょうゆ番茶」これは心臓病、胃腸病、肝臓病、血の道症(更年期障害)、冷え性、貧血、風邪、糖尿病、腎臓病、神経痛、下痢、疲労、ガンなど様々に効果を発揮するという。

子供が熱を出した時は、冷蔵庫の中の、お野菜、レタスや、きゅうり、スイカ、大根、りんごなどが効果を発揮する。外から野菜で冷やすとともに、体の中からも冷やすには、りんごを食べること、りんごを絞った汁を飲むことも効果がある。りんごの実を食べることは腸熱を冷やし、りんご汁は腎臓熱をとる。とり方によって、熱を冷ましてくれる内臓部分が変わってくる。

こういった、毎日の生活の中で、使っている野菜や果物、食品で、薬の代わりとなるものは、たくさんある。これこそが、「キッチンファーマシー」台所薬局である。
アーユルヴェーダやヨーガにはこれらの昔から受け継がれた「智慧」の宝庫である。
一番古いものの中に、一番新しく、ずっと受け継がれる不変の真理があるのだと思う。それらの「智慧」を見直していきたいと思っている。

19歳からダンスを始めて、エネルギッシュに魂の趣くまま、踊ることもとても好きで、解放的、自由な気持ちになって、自分の新たな発見や、可能性を引き出せる瞬間もあるので、ダンスワーク・特に、今、すっかりとその魅力にはまっている「ビオダンサ」は、自分のライフワークとして、続けていきたいと思っているし、そして、近い将来はファシリティターとして、自分の大切な周りの人々に、子供たちに、ストレスを抱えている全ての人々に、愛やぬくもり、人との接触、つながりを感じれなくて、寂しい思いをしている人、人とのコミュニケーションがうまくいっていない人などに、伝えたいと思っている大切なコミュニケーション・ワークである。

自分の内に秘めている可能性、ヴァイタリティー(生命力)、アフェクティヴィティー(愛情)、エロティシズム(男性性と女性性)、クリエイティヴィティー(創造性)を引き出し、自分自身の可能性だけではなく、人と人ともつながりを深め、人と自然、人と宇宙ともつながり、トランセンデンス(超越性)を感じて、「いのち・生命」の偉大さを実感しつつ、もっと今、この瞬間に生きている喜びを深く体験したいと思っているし、多くの人と共感したいと感じている。

誰しも、生を受けて、免れないものはいつかは死ぬということ。
その瞬間にあの世にもって帰れるものは、「愛」しかないと感じている。
自分の内なる可能性、永遠の命の源である、魂を光り輝かせ、更に成長と進化を遂げるために、この世で楽しむために、多くの存在に生かされて生きている。その魂の躍動、響きを全身全霊で表現していきたいと感じている。
自分の可能性への挑戦と、どれだけの人と深くつながり、愛を育んでいくか、生きとし生けるすべての「いのち」とどれだけ深くつながり、愛を深めていけるのか、毎瞬毎瞬が、尊く、貴重で、有り難い瞬間。

今日一日、全ての存在にとって、最善のタイミングで最善のことを体験できる最高の一日でありますように。
スポンサーサイト

巫女舞~命そのものを舞うこと

4月19日(土)
アマミ舞・・・今から、10年前に、奈良県の天河神社という芸能の神様が祭られている神社で、K先生という素晴らしい書家の先生に出会いました。翌日、一緒に高野山に行かせて頂き、ご縁があるということで、その先生が管理されていた、京都府亀岡にある「西光寺」というお寺にお世話になっていたことがあった。

そのK先生との出会いで、京都のK神社に行ったときに、エネルギーを頂いた時に、体が自然に動き出したのが、「古代舞」でした。生まれてこの方、習ったことはなかった。でも、自然に体が動く。気付いた自分の魂の記憶、それからは、そのK先生と色んな神社を、五十鈴を持って、お参りをさせて頂いてもらっていた。なつかしく清らかな思い出。

昔から、自然が大好きで、神社やお寺など、静寂なる場、神々様が祭られている場がとても好き、行きたいと感じるところには、結構全国規模でまわらせて頂いていた。
過去世において、何度も巫女をやっていたよと何人もの人に言われて、自分でも納得するし、だから自分は踊り、舞に興味があるのだろうと感じていた。

最近、ふと神様に捧げる「巫女舞」を舞いたいという思いが募る。
自然に感謝をしながら、自分の内なるエネルギーを表現したいと強く感じる自分がいる。
天と地をつなぐ「ヒト」の存在、「ヒト」は霊の止まる存在で、天と地をつなぐ役割、そして、ヒトとヒトをつなぐ、ヒトと自然をつなぐ、自然と奏でる、それを体を通して、全身全霊で表現したい・・・そんな想いが通じたのか、まさしくその舞を踊る先生に出会うことができた。その先生がなんと、私を初めて、巫女舞に誘って下さった、魂の恩師、K先生とご友人だったとは、とても偶然とは思えない、神様の計らいとしか思えない出会いだった。

もうこれは、やるべき時期が来たということだと、確信を持つ、だって魂が喜んでいるんだもの、やるしかありません。これからどういう展開になっていくのか、ただただ、自分の魂に素直になり、自然体で舞うこと、自分の感じる場所で、「今」を生きている感動を、生かされている感謝を、「素」の心で、舞っていきたいと心底思う。

これからの自分が解放されて、本来の輝きに気付き、「命」そのものを舞うことを心から楽しみにしている。そして、その表現を通して、自分自身の魂の平安、そして、無限の宇宙の平安、平和を祈っていきたいと思う。
これこそが、きっと自分自身の岩戸開きなのかもしれない。
思い出深き、4月19日。

毎月17日は、芸能の神様、弁天様のお祭りの日、もう一度、様々の自然の神々様に生かされて、「今」此処に命頂いて生きていることに、感謝したいと思う。

坐禅断食体感日記

3月9日(日)
18:00~坐禅断食会開始

最初に自己紹介があり、それから法蔵先生から説明がある。
その後、20分休憩して早速断食開始

10分後には警打を受けることが出来るので、メリハリが利いて眠くは全くならなかった。

10分で、ゆっくりと数息観を死ながら、大きくゆったりとした腹式呼吸をおこなってたら、おおよそ25~27回くらいで、10分、呼吸しか意識することが無いので、かなり、丹田にも意識が出来て、心も体もリラックスしてくるのを感じる警打はこれは壮快、体にも気合が入るし、こんなに気持ちのよいものだとは思わなかった。

でも、やはり、瞑想と座禅は違うので、リチューニングプログラムでやるときはやはり、しっかりとプログラムをねらなければいけない。

今回、来月からやるに当たり、本当にきてよかった。これを試さずして、行うことは、これお客様や、長年つみかさねて来られた法蔵先生にも申し訳ないと思った。

坐禅断食会体感日記

3月9日(日)
坐禅断食会体感日記
2月16日から24日まで、ニュージーランドにビオダンサのVISION QUESTに参加して、帰国してから、何故か理由はわからないけれども、体調が悪い。
何もやる気がしないことと、些細な家の雑事をする気持ちが起こらないのと、できない。家のことは少々ほったらかしになっても、自己責任ですむけれども、イタリアから、イリアナというビオダンサでは中心的存在の講師の先生がきていたので、週末のワークショップがあり、倒れている時間はない。

いつもエネルギッシュで、やる気に満ちていると思い込んでいた自分が、中からの力が出ないと言う体験はある意味で、私にとっては貴重なことかもしれない。
自分では一所懸命やりたいと思っていてもできない人の気持ちがわかるからだ。

自分に降りかかること、出くわす出来事、出会う人に何一つ偶然は無く、そこから何をまなび、何に気付くのか、意識するべきはいつも「今、ここ」に意識を集中して、全身全霊で、感じること、体感すること、気付くこと。その重なりが、過去を作り、未来を作る。

あまりにも飛行機に乗ったのが久しぶりであったことと、乗り継ぎ便で長時間であったこともあるのだろうか?とにかく体はグランディングがなかなか出来ず、宙に浮いたような感じがする。

今の家も自分の波動にとってはあまりよくないのだろうか?
行く直前に、歯のつめものが外れたことで、歯医者に行くと結局、虫歯も見つかり、合計で、3本の治療を一気の行ってもらった。歯が調子悪くなって初めて歯が体や精神に与える影響がどれくらい大きいかを痛感させられる。

特にしたの奥から二番目の歯が左右とも銀の詰め物が外れてしまったものだから、何せ歯をくいしばることができない。きちんとか噛む事も出来ない。
そうすると、体にも力が入らず、気合も入らない。
このことを体感できたことは大きな経験である。歯は単に食べ物をかむだけの役割ではなく、体の機能全体に関わっていると言う事実を体感できた。

歯の治療の祭に、3本も一度に麻酔を受けたからだろうか?それからどうも調子が悪い、血管収縮剤が入っているらしいので、それの原因か、心臓がパクパクする、こんな状態でニュージーランド、ましてや今回の旅は寝袋で、大自然の中で、過ごすと言うプログラム。ある意味で普段よりハードな生活であるはずであるが、大丈夫かが不安でもあった。

ニュージーランドでの体験は別でまとめたいと思う。

坐禅断食会食体感日記

3月8日
坐禅断食会体感日記(前日)
朝は冷蔵庫の残りで、エリンギ、こんにゃく、パセリがあったので、その炒め物と、納豆だけを食べた。それにバナナ。昼食、夕食は何も食べず、バナナ、チョコレートのみをたべる。

会社においてある本をダンボールに詰めたり、移動させたりする作業を一人でやら無ければ行けなかったのだが、これがやはり、食べていないこともあるかもしれないが、かなりきつい。夕方7時くらいから始めたが、一度途中で休憩を入れないと、倒れそうになる。
いつもより、めまいがするような気になるのは、やはり、食べ物からの栄養が急に入らないからであろうか?いずれにせよ、本と荷物の整理を終え、23:30近くに自宅に戻る。
さすがにもう何もやる気がせず、化粧も落とすまもなく、横たわっていた。

ここ最近はこういった化粧を落とす元気も無く、布団に倒れこむようにして寝る日が続いている。家の中の片付けもする元気が起こらないまま、物は散乱し、服もたたんだまま直さずにいた。頭の中で、まずは家の中をきれいにしなければ、よい気もめぐってこないし、循環もしないとわかっているので、毎日、片付けなきゃ、今日こそ片付けなきゃと思うが、体が付いていかない。

しかも生理になる。生理のときはやはり普段よりは、体もだるく、腰も痛くなり、けだるい感じがするのだけれども、こういったときに断食をすることがどういう効果を産むかについては、ちょうどいい人体実験である。

体と心の声に素直に耳を傾けてみよう。いつもいつも頭でばかり、あれこれ考えすぎて、あふれかえっている。飽和状態。そのピークに来ていることを感じる。

いつも何か近くにないと、落ち着かない。いつも誰かが書いた本を読むために、仕事の資料をまとめるために、ライフワークのビオダンサのレポートを書かないと頭がずっと働き続けている。いつも元気なときなら、それをリストにして、一つずつやりこなしていく自分がいるが、今は何故か、てきぱき出来ない。

自分の忍耐力、許容範囲が狭まってしまったのだろうかと、心の中では焦りが生じる。
こんなときだからこそ、またまた自分に自信をなくし始め、外に外に求める癖が出て、色んな人にあったり、色んなセミナーに行き始めようとする自分がいる。

また同じことの繰り返し、大切なことは全てを一旦すてて、素の自分に帰ること。
自分の内側から湧き出てくる言葉やメッセージに耳を傾けること。
自分を苦しめているのは、全て自分自身の固定概念、こだわり、決め付け、自己限定、自己否定であると、気付く。そこから解き放つために人は人の支えが必要であったり、人の愛が必要であったり、人の信頼が必要であるのかもしれない。でもいくら愛を与えてくれていたとしても、自分がそれを受け取る準備が出来ていなければ、受け取ろうとしなければ、それは何も変わらない。全ては自分から。自分の中に全ての答えはあり、全てからの解放はある。

ワンネス。人は皆同じ宇宙の根源から生まれ出てきた元は一つの魂、命。そのことを思い出そう。そしてそのことを体で、心で感じていこう、。その時初めて、自分自身との調和、共鳴、人との調和と共鳴、自然との調和と共鳴が始まる。
全ての始まりはじぶんから、 その命は永遠の螺旋であり、永遠に発展し行くもの。終わりも始まりも無いもの。

魂の響きあい。
言葉ではなく、魂で響き合える出会いは人生の中で、そんなに多くは無いのかもしれない。自分の中からもうそろそろ表現したくて、仕方ないものがあるのに、それを出す勇気と自信が無くて、いつも人から頼まれることに奔走する毎日。もうそろそろ自分を大事に、自分に自信を持って、自分を愛してあげないと、気付かされる。自分がまずは自分のことを愛してあげないと、誰が愛してくれるでしょうか?

言うのは簡単。行なうは難し。だから人の支えや愛が必要なのでしょう。自分の心と体の不調和は自分のこだわり、自己限定、自己否定、のゆえだと感じます。
原点に還ろう。素に戻ろう。全ての命を産み育んだ光の源泉へと戻ろう。

プロフィール

ウェルネス・コンサルタントとして、老若男女の健康指導に携わってきました。
七田真先生との出逢いにより、七田チャイルドアカデミーにて母親の胎内教育、幼児(0歳~6歳)の右脳開発教育に携わったこもあります。

1994年、体の健康のみならず、心の健康、癒し、心理学、環境問題にも興味を持ち始め、渡英。アロマセラピーを学びました。

1995年、「ロンドン市立大学City University of London」の大学院にて、心理学の分野で、「Master of Science in Exercise & Health Behaviour」(エクササイズ&健康行動学)学びました。

英国留学中に、30年前より、永続可能にコミュニティ作り、及び自然と共生した中での様々な『癒し』のプログラムに取り組んでいるスピリチュアルコミュニティ「フィンドフォーン・ファンデーション」に滞在をして感銘を受け、帰国後は、アーユルヴェーダ、ポラリティーセラピー、ヨーガ、気光、太極拳、瞑想、自律訓練法、イメージトレーニング、チャクラ・ワーク、フィジカルサイコロジーなどの自然療法を学び、環境問題にも意識を向け、自然や人に優しいライフスタイルも含めたトータルな心と体の健康・癒し、人間の潜在能力の開発に取り組んでいます。

2003年、永続可能なエコビレッジ、オーストラリアのクリスタルウォーターズ、マレニーを視察、2004年12月にはイタリア・ヨーロッパで公認のエコビレッジ「ダマヌール」を訪れました。

2004年~、長野県安曇野にて「パーマカルチャー(人間にとって恒久的持続可能な環境を作り出すためのデザイン体系の事)・デザインコース」を学び、次の子供の世代から、また次の世代へ、自然と共に調和して生きていける暮らし・環境・健康を考慮したLOHAS(Lifestyles of Health and Sustainability)スタイルのコミュニティ、ヒーリング(癒し)、統合医療、教育などの研究を続けています。

大学時代より、モダンダンスやダンスワークを続けてきましたが、2006年より、音楽・リズム・感情によって、人の統合と成長を促し、個人の発達と生きる喜びを深めるビオダンサに魅せられ、アーユルヴェーダ、ヨーガと同様にライフワークとなっています。国内外の聖地や自然の豊かな場所、パワースポットを訪れることが大好き。

人と人、人と自然を愛でつなげる虹の架け橋になれたら嬉しいです。

心と体のトータル・ヘルス・ケア

強調文参加受付中!

心と体のトータル・ヘルス・ケア~アーユルヴェーダとヨーガから学ぶ自然な生き方」 講座を長野県・安曇野、シャンティクティで開催中です。
ヨーガ・アーユルヴェーダを中心に前期はからだを後期はこころメインに学びます。

前期:テーマ「からだ(BODY)と“食”のトータル・ヘルス・ケア」
①4月12-13日:「自分の体質を知ろう」~アーユルヴェーダから学ぶ体質論
②5月10-11日:「ヨーガで体を調える」
③6月14-15日:「食べもので体を調える」~キッチン・ファーマシー(台所薬局)
④7月12-13日:「暮らしに生かす食と体のセルフケア」

後期:テーマ「心(MIND)と精神(SPIRIT)のトータル・ヘルス・ケア」
①8月9-10日:「ココロとカラダのつながり」~心に響くボディー・ワーク
②9月13-14日:「ココロとカラダを解き放つ“ダンス・セラピー”」
③10月11-12日:「ココロを開くヒーリング・ワーク」~レイキ・ヒーリング、サイコロジー
④11月8-9日:「ライフ・デザイン」~自分らしく生きる

*12月20-21日:「心と体のトータル・ヘルス・ケア講座ギャザリング」
           ポトラックパーティー(1品持ちより)
  天候や講師の都合により予定が変更がされることもあります。

■主催:アーユルヴェーダ安曇野

現在、前期1回目は終了しましたが、継続して参加者を募集中です。1回のみのスポット参加、後期のみの参加も受け付けております。自然に囲まれた安曇野で ご一緒にピースな生活を始めてみませんか?

詳しくは、こちらをご覧下さい。

ゆったりまったりヨーガ教室

【ヨーガって何だ?】
私も、な~んとなく興味は持っていたのですが、
ヨーガとは、ポーズ、呼吸法、瞑想によって、体を調和することで、
人間の生命力を発揮できるようにしてくれて、
最も生き生きした美しい状態になれるとも言われているんです。

私たちの日常生活は、心と身体の調和がくずれ、いわゆるストレスだらけですよ
ね(^^;)
そんなストレスをヨーガで解消し、
ゆったりまったり、心地よい空間をみなさんとシェアできたらと思っております
♪(^-^)/

【ヨーガって凄いんです!】
ご存知ですか?ヨーガには、こんなに良い事が沢山あるんです♪

・体のゆがみを矯正する。
・筋肉の柔軟性を高める。
・血液やリンパの流れを促す。
・内臓機能の活性化。
・自律神経を調整。
・免疫力の向上。
・リラクゼーション効果

心と体の両面から美しくなる総合的な、素敵な健康法なのです☆p(^-^)q


【第一回☆ゆったりまったりヨーガ教室☆】
4月15日(火)20:00~21:30 


【場所】
神楽坂アインスタワー1F多目的スペース

【持ち物】
ヨーガのマット(1000円市販されているそうですが、マットが無い方は、寝転ん
だときに自分の身体が入るくらいのバスタオルでも代用可。)
動きやすい服装

【参加費】
2500円(通常3500円~のところ特別価格でお願いできました!)

【申込み】参加ご希望の方は、加藤までご連絡下さい♪
メール/minako-pega@wn.pdx.ne.jp

みんながくつろげる、楽しい会にしたいと思います☆(^-^)/

企画:加藤みなこ TEXT by 加藤みなこ

メッセージ

「Subtle」とは英語でかすかな、微妙な、不思議な、繊細な、神秘的なという意味で、波動的なエネルギーの分野のことをいいます。

「愛」とは目には見えないものですが、愛を込めた料理、愛を込めた手紙、愛を込めた言葉などで人に勇気と元気と感動を与えてくれる「愛」この世には無くてはならないものだと感じています。人と人、人と物、人と自然をつなぐのもこの「愛」の波動であると思っています。波動の法則からすると、自分から「愛」の波動を出すと、周りにもよい影響を与え、自分にもまた何倍にもなって愛の波動が還ってくるので、自分自身が幸せで満たされた状態になります。この【愛の循環】の中にいると、いつも心が穏やかで、満たされ、安心感の中にいることが出来ます。

「Harmony」とは「調和」という意味で、「周りの人や物質と違いを認め合い、共存すること」ですが、宇宙の真理、自然の法則、自分の内部の深い意識(源)に添って素直に真っ直ぐに生きる時、心身共に調和と平安、安らぎを感じることができます。
陰と陽の調和、男女の調和、天と地の調和、太陽と月の調和と相反するものが、融合した時、「ワンネス」全てのもとは一つである、すべてのものはつながっている。と言う真実に気付き、この宇宙に存在する全てのものに対して、愛と慈しみの心でつながることが出来ると感じています。

「∞」とは「無限大」と言う意味で、人にはまだまだ眠っている潜在意識があり、この宇宙を作った大いなる存在「Something Great」ともつながっており、どんなことでも思ったことを実現することの出来る可能性を秘めていると感じています。
「大いなる存在」と「自分」との「差」をとること=差・取る=悟る=Subtleにかけて、この名前をつけました。

一人一人がこの宇宙にとって、かけがえのない大切で唯一の存在。その内なる可能性を引き出し、一人一人が自分らしく、生き生きと生きるきっかけを提供できれば幸いです。

* みんなが明るく、笑顔で楽しく暮らすことのできるライフスタイル、環境、健康の提案、愛と調和、ぬくもりや思いやりにあふれた人と人、人と物、人と自然をつなぐ虹の架け橋となるスペースを提案していきます。

* 古来より変わることのない大自然と心と体、精神面の調和をはかり、真に安らぎと癒しを感じることのできる昔から受け継がれた智慧を見直し、不調和になった心と体、人間関係などの状態をバランスの取れた、調和された状態へと導いていきます。

* 今の私たちの不自然に気づき、周りの木や森や花や虹など自然のもつ力から癒していきます。そうすることで、一人一人が内在している隠された可能性を開き、人が「自分らしく」生きることをサポートしていきたいと考えています。

* 大宇宙に存在する万物万象は、すべて大宇宙、大自然の法則に従って活動しています。 古来の人々は日が昇ると共に活動し始め、日が沈むと共に眠るといったように、太陽や月、星をはじめとする自然のリズムと共に生きる生活を提案します。

* 「健全な肉体に健全な精神は宿る」という言葉はある通り、心身のバランスを取り戻し、意識を高め、一人でも多くの人が環境や人に優しいライフスタイルや健康を考えていく必要があると思います。

* 不調和になった心と体のバランスを取り戻すことが、地球や環境、自然、人間、未来にも優しく、バランスと調和の取れた社会への実現の近道であると考えています。

* 古きよき時代に風情があり、人情味があり、人と人が魂でつながっていた時代に戻り、それぞれが個性を生かしながら、他との違いを認め合い、仲良く助け合う世界、人と自然とが共生し合い、美しい地球を子供たちに継承していくことを願っています。

SAYOKO

 | HOME | 

プロフィール

Subtle Harmony∞

Author:Subtle Harmony∞
ウェルネス・コンサルタント&ライフ・デザイン・コンサルタントSAYOKO

人と人、人と物、人と自然をつなぐ愛の懸け橋「虹」になれたら...と感じています。愛の波動は、自分にも周りにもよい影響を与え、皆が幸せで満たされた状態になります。

一人一人がこの宇宙にとって、かけがえのない大切で唯一の存在。

その内なる可能性を引き出し自分らしく、いきいきと生きるきっかけを提供できれば幸いです。全ての命が愛と調和で満たされ、光り輝きますように。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。